これで納得サロンカラーとホームカラーの違い!!

時間が無い、好きな時に染められる、リーズナブル等などホームカラーでパッパと染められる方は多いんではないでしょうか?ドラッグストアで簡単に手に入りコーム付きや泡状のものがあるので手軽に染められるようになりましたね。ここはメリットではあります。しかし、美容院でホームカラーは辞めておいたほうがいいと言われたことはございませんか?実際、カラーはカラーでも白髪染めについてはサロンでのカラーだけでは追いつかないのが現状です。
I034728747_349-262

私たちがホームカラーをすすめないのにはキチンとした理由があります。カラーを調合する際1液(酸化染毛剤、色味が決まるもの)と、2液(過酸化水素、脱色する力)を混ぜます。その点はホームカラーでも同じです。2剤を私達はオキシと呼びます。
サロンで使用するオキシは、濃度がいろいろあります。
日本では、最高6%、3%、2,4%、2%、0,75%の種類があり、これは法律で定められた濃度です。
サロンでは毛先の傷みやすい所、根元の健康毛の所とオキシを使い分けています。ですが、ホームカラーはすべて最高値である6%のみです。すでに色が抜けてダメージを抱えている毛先にも、濃度の高いものをつけることになります。
美容師はこれらのことを全て視野に入れた上で、薬の選定、塗り分け、放置時間の設定をしています。
それほどお客様の髪の毛に気を使っている分、アバウトな仕様になっているホームカラーに抵抗を感じるのです。

大阪市平野区・東住吉区・生野区 美容室 ZILCH ジルチ