ハロウィンの由来

ウィンはもともと、独自の文化と宗教を持っていたケルト系の秋の収穫を祝う大晩日のお祭り
サウィン祭だと言われています。この日は日本で例えるとお盆が一番近い行事で、死者が家族の元へ
帰ってくる日でもあります。しかし死者だけでもなく悪霊や魔女も一緒にやってくる
為、怖がらせ追い払おうと仮装をしていました。その後、ケルトはキリスト教やカトリック系の民族
に侵入されました。しかし、カトリック系の民族に侵入されました。しかし、カトリックは元からあった
宗教を根絶させず取り入れ、ケルトのこの祭りを、11月1日の「聖者の日」の前夜であることから、聖者
の英語Hallowを取り『Halloweem』と言われるようになったのです。
現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し祝祭本来の宗教的意味合いは、ほとんどなくなって
いるようです。また仮装した子供たちが『Trick or treat!』と言いながら
お菓子をねだる風習もアメリカから始まったらしいですが日本では独自の発展から仮装大会になっていますね。
最近では知らない子供が大勢お菓子をねだりに家を訪ねて来るらしいのでお菓子は用意しときましょう.

images