バレンタインにチョコは何故?意外と知らない『バレンタインの由来』

バレンタインは昔からずっと「女性が意中の男性にチョコをあげる日」という イメージでした。
最近に「友チョコ」「逆チョコ」などそもそも、なぜチョコなのか? なぜ女性が男性にあげるのか?
そもそも「バレンタインデー」というものはなんなのか?

バレンタイン、正式名称,「聖バレンタインの日」という意味です。
「バレンタイン」って何なのかと言いますと、「バレンティヌス」という、遥か昔3世紀の ローマでキリスト教の司祭をやっていた方の名前なのです。
当時若者が戦争に参加しない ことに手を焼いていたローマ皇帝クラウディウス二世は、原因が愛だと断定し、 結婚を禁止しました。
しかしそれを哀れに思った司祭「バレンティヌス」は、投獄され、ついには処刑されて しまいました。
目の見えない女性がおり、バレンティヌスはその女性と親しくなりました。 バレンティヌスの奇跡の祈りにより女性の目が見えるようになったのです!
感動した女性はキリスト教に改宗
それに怒った皇帝により処刑 この日が2月14日だった ことから、その日には男性が女性に愛を伝える日に なったのです。
バレンタインデーは欧米では、男性が 女性に愛を伝える日なのです!

何故、日本では 女性から男性に、しかもチョコレートを贈る日に なったのでしょう?
昭和50年代になると、女子が 男子に親愛の情を込めてチョコレートを贈るという 独自の「日本型バレンタインデー」お菓子メーカー のCMなどの影響が大きいと思われます。

全ての男性がもらえるほど世の中はチョコレート のように甘くはない...ビターである。

男性は学生時代 なら少しでも友達よりモテていると
既婚者男性なら 少しでも職場でモテていると奥様に証明したいはずだ。 見栄を張りたいであろう 皆、この日の為に 必死なのである。(笑)

関連画像北斗の拳より 聖帝サウザー
「チョコに人は苦しまねばならぬ! チョコゆえに人は悲しまねばならぬ!
チョコゆえに・・・こ・・・こんなに・・・
こんなに悲しいのなら 苦しいのなら チョコなどいらぬ!!」

 

大阪市 平野区 生野区 東住吉区 美容室 Zilch ジルチ 髪質改善 ヘアエステ