夏の紫外線ケア大丈夫?

白髪と薄毛の原因 
    白髪予防とケア


紫外線が頭皮に及ぼす、恐ろしい老化現象

光老化
という言葉を聞いたことがありますか?

これは紫外線が肌の奥まで入り込み徐々に細胞を壊すことで、
実年齢とは関係なく老化していくという、
世にも恐ろしい老化現象なのです。

紫外線がシミをつくることは、おそらく皆さん知っていると思いますが
最近は若い方でも肌にはUVカットの日焼け止めクリームを
塗っておられると思います。
ですが実は、肌よりも多くの紫外線を浴びるのは頭皮で
頭皮こそがもっとも光老化が
起きやすい場所であることはご存知でしょうか。

2015y07m16d_184052447

髪の毛が不自然なところですっぱりときれてしまう、
枝毛や切れ毛といった現象が起こるのです。
紫外線が髪に与える影響も深刻ですが、
頭皮に与えるダメージも相当なものです。
髪は赤茶けたりすることで見た目でもその傷みが確認できますし、
パサつく手触りや乾燥などでそのSOSを察知することができます。
しかし頭皮は目で見て確認することが難しく、
赤くなったりヒリヒリしたりすることで注意できれば
まだ救いがありますが
日々紫外線のしたでじわじわと細胞が壊されていくことに
なかなか気付くことができないのが恐ろしいところです。

髪の毛をつくるもととなる毛母細胞が、
紫外線の影響でうまく働かなくなると、
髪の毛が抜けてしまう抜け毛の原因となるだけでなく
髪の毛そのものがつくられなくなり、
薄毛の原因となる可能性があります。
また、頭皮の中の毛根には髪の毛を黒くする細胞があるのですが
紫外線のダメージにより、
それが破壊されることで白髪が発生するともいわれています。
damage

頭皮は髪の毛が育つための大切な土壌ですから、
その頭皮がダメージを受けると影響が出るのは髪なので
見えないからといっても決して油断をしてはいけないのです。
外出の際はできるだけ帽子をかぶりましょう。
頭皮に日焼け止めを塗ることも有効です。
クリームやジェルタイプは塗りづらいので
スプレータイプがお勧めです。


ナプラ 
ミーファ フレグランスUVスプレー
2115072701

価格 1,200円(税別)

1