帽子にまつわる都市伝説

【帽子をかぶるとハゲるを徹底検証】
「帽子をかぶるとはげる」
この恐ろしい噂、だれでも一度は耳にしたことがあると思います。
実際に信じて帽子をかぶる時は気にしているという方も多いのでは。
また、はげてしまった部分を隠すために帽子をかぶっているとい方には非常に気のなるところでもあります。果たしてこの都市伝説は本当なのでしょうか?

☆蒸れ説
頭皮や髪を守るためにも、日差しが強い夏場に帽子は欠かせないアイテム。
しかし長時間帽子をかぶると風が通らない分、汗をかきやすくなり「蒸れ」の原因に。
この状態で皮脂が分泌されると、雑菌が一気に増えてしまいます。
育毛発育に最適な頭皮は、皮脂が適度に保たれ、汗や汚れがキレイに取り除かれていることが必須条件。
「帽子をかぶる=はげる」ではなく「帽子を長時間かぶる=頭皮環境のバランスが崩れている」と言ったほうがいいかもしれません。
念入りにシャンプーをして清潔な状態を維持すれば特に問題はありません。
頭皮の血行をスムーズにするためにも、帽子を外した後は頭皮マッサージを行うと、頭がスッキリしますよ。
日差しが強い夏は頭皮に影響を与える紫外線が大敵です。
一方冬の寒い日は血管が滞ってしまいます。
帽子をかぶることで、これらの問題を解決できるので帽子はむしろ薄毛予防に効果があるといえるでしょう。

              大阪市 平野区美容室zilchジルチ美容室